無線LANのメリットとデメリット

少し前まではインターネットを楽しむためには、パソコンを電話線のケーブルにつなげて、決まった場所で行うというのが通常のスタイルでした。
最近では家の中のどこでも、自分自身のパソコンやゲームやスマートフォンなどを無線LANで繋ぐことによって、ケーブルなどを使わなくてもインターネットが気軽にできるようになってきました。

そして家の中以外にも、外出先のカフェや公共の場所などで公衆無線LANが自由に使える場所が増えてきたことから、どこでも誰でも簡単にインターネットにつなげて楽しめる環境が整えられてきています。
またパソコンだけではなく、テレビやプリンターやインターフォン、デジタルフォトフレームといった家庭でよく使う身近な家電でも、無線LANに繋ぐことができるようになっています。
そしてインターネットを通じて便利なサービスを受けることができます。

無線LANはとても便利なのですが、有線でつないだ場合と比べると電波が弱くなり速度が遅くなったり、断続して切れてしまうなど不安定になってしまうことがあります。
また無線LANのルーターのそばでは安定していても、部屋によっては全然電波が入らないということもあります。
自宅でも電波が届かない遠い場所や浴室やキッチンなど水を使う場所の近くでは、通信速度が遅くなることがあります。
そういった場合安定した通信速度を保つために、無線LANの中継器を設置することで電波が届く範囲が広くなり、通信速度の問題を解決することができます。